【お薬情報】AGAプロペシア、ミノキシジル、ザガーロの比較

2020年10月6日

【解説】AGAプロペシア、ミノキシジル、ザガーロの比較

プロペシア、ミノキシジル、ザガーロの比較

どれが自分に必要なのか見てみましょう


【プロペシア】

<特徴>

脱毛を防いで薄毛にならないように予防する テストステロン(男性ホルモン)を 抜け毛の原因とされるジヒドロテストステロン(DHT)に変換する 5α-還元酵素Ⅱ型を阻害する作用を持ちます ジヒドロテストテロンは毛包をミニチュア化させてしまうため、 これを防ぐことで脱毛を予防します

<効果までの時間>

3ヵ月間の服用により効果が出る場合もありますが、 通常は効果が確認できるまで6ヵ月間かかるといわれています また、効果を持続させるためには継続的に服用することが必要です

<副作用>

性欲の減退や射精障害といった男性生殖器系の副作用や めまいなどが見られますが、 市販後調査では、これらの副作用がみられた人は1%未満。

<注意事項>

妊娠中か、その可能性のある女性がプロペシアに触ったり 粉砕された錠剤の粉を吸い込まないように使用する男性は管理に注意してください なぜならお腹の中の男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあるからです

【ミノキシジル】

<特徴>

発毛の促進をして毛を増やし、薄毛を改善する 血管平滑筋を弛緩させることで、 血管を拡げることで局所の血流の増加を促して血圧を下げます 血行が改善されることで、 毛細血管から毛乳頭へ栄養を行きわたらせることができるようになるため、 頭頂部や生え際の発毛が促進されます

<効果までの時間>

ミノキシジルの内服薬は使用してから数ヶ月服用を続ければ、 しっかりと効果が現れ、髪が生えてきたと実感できるようになります!! 6ヶ月ほど使用しても効果が現れないという場合には 薬があっていない可能性があるので、違う成分のものを服用した方がいいかもしれません

<副作用>

もともと降圧薬として使用されていたということがあったこともあり、 一部の人に、血圧低下、不整脈、手足の浮腫み、動悸や息切れ、めまいなど 循環器系の副作用が現れることがあります。

【ザガーロ】

<特徴>

抜け毛の原因とされる「DHT( ジヒドロテストステロン )」は男性ホルモンが変化 して生じ、 このお薬はフィナステリドと同様に、男性ホルモンが DHT に変化するのを抑えるお薬です ザガーロはプロペシアよりもDHTへの変化を抑える効果が高いと言われています これは DHT への変化の原因となっている 5α還元酵素 (リダクターゼ)というものには I 型と II 型とが存在しますが、 プロペシアは II 型のみに有効なのに対し、 ザガーロは I 型と II 型の両方に有効なのです そのためプロペシアよりすぐれた発毛効果を期待できると言えます プロペシアが効かなかった人には ザガーロをおすすめします

<効果までの時間>

3ヵ月で効果が現れる人もいますが、通常6ヵ月間は飲み続ける必要があります。 「発毛効果」が得られた後に服用を中止すると、髪の毛が再び元の状態に戻ってしまいます。

<副作用>

副作用の主なものは性欲減退、勃起不全、射精障害等があり、 1%未満で抑うつ気分、女性化乳房、乳房不快感等、 その他頻度不明の希な例で味覚異常、精巣痛、肝機能異常等があります。 プロペシアと副作用はおおむね似ていますが発現頻度は若干多いようです。 勃起不全の症状がでたら、ザガーロを止めれば通常は改善しますが、 発毛効果がいいので、ザガーロを止めたくない場合はED治療薬を試してみるといいでしょう

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談