アフターピルについて

2018年6月25日

避妊とアフターピルについて

皆さんは避妊についてじっくり考えた事、ありますか?

日本ではコンドームが主流で、アフターピルの認知度がイマイチ低いのが現状です。

アフターピルを正しく知って正しく使うことで、自分自身の身体を守りましょう!

1、アフターピル、ご存知ですか?

アフターピル(モーニングアフターピル)、ご存知ですか?

別名を「緊急避妊薬」と言い、避妊に失敗した場合に服用する薬の名前です。

例えばコンドームを使用せずに性行為を行った場合。コンドームが破けてしまった場合。レイプ等により、避妊無しの性行為を強要されてしまった場合。

こういった望まない妊娠を避ける為に使用する薬が、アフターピルなのです。


アフターピルの主成分は「黄体ホルモン」です。

この黄体ホルモンが排卵を抑制させたり、受精卵の子宮内への着床を阻害したりするのです。

性行為から72時間以内にアフターピルを服用しましょう。

かなりの確率で妊娠を防ぐことが可能です

尚、アフターピルという名称通り、性行為後に服用する薬です。

毎日継続して服用する「低容量ピル」とは別モノです。

もっと確実な避妊を望むならば、日々しっかりと低容量ピルを服用することをオススメします。

ただし、どの方法でも「絶対に100%ではない」ということを、肝に命じましょう。


このアフターピル、日本で手に入れるには、産婦人科にて処方箋が必要となります。

しかし海外諸国ではドラッグストアで気軽に販売されています。

日本と海外では、アフターピルに対しての意識の差がかなり大きいように思えます。

2、日本でアフターピルが欲しい場合の通常手順

避妊に失敗してしまった場合、事件に巻き込まれてしまった場合。様々な事情で、女性がアフターピルを必要とする場面があることは事実です。

日本でアフターピルを手に入れるには、まず産婦人科もしくは婦人科に行きましょう。

正しい服用方法は、性行為後72時間以内とされています。急ぎます。

医師の診察を経て、処方して貰います。アフターピルは保険適用外で、自費診療となり、各医療機関によって値段が違うことに注意して下さい。

相場は最低でも1回の処方で1万円前後でしょう。

現状、日本では病院以外にアフターピルを手に入れる方法はありません。

3、アイピルってご存知ですか?

突然ですが皆様、アイピルってご存知ですか?

アイピルとは、「ノルレボ」という薬のジェネリックです。

ノルレボとは、2011年2月に日本で承認された緊急避妊薬です。

妊娠阻止の確率は治験にて約80%と報告されています。

ノルレボの良いところは、性行為後72時間に1回1錠の服用でOKで、副作用である吐き気や頭痛といった症状が出にくいところです。

このノルレボのジェネリック医薬品がアイピルなのです。

日本では、ノルレボ錠は処方箋医薬品です。当然ながらノルレボ錠のジェネリック医薬品のアイピルも市販されておりません。


海外では、ドラッグストアで気軽にアイピルが販売されているのです。

やはり日本と海外では、避妊に対する考え方や姿勢が違うように思えます。


※ジェネリック薬とは

先発薬の特許有効期限後に販売される、先発薬と同等の有効成分・効果を持った安価なお薬です。

安価の理由は先発薬と同じ有効成分で作られる為、開発費はもちろん販売活動費も抑えられるからです。

4、日本の性教育不足。アフターピルを使うことは後ろめたいこと?

アフターピルの流通状況が、日本と海外では全く違うことがおわかり頂けたでしょうか?

海外ではアフターピルが身近なモノであり、手に入れるハードルも低いのです。

日本はそもそもアフターピルの認知度自体かなり低いように思われます。

何故でしょうか?

日本と海外の性教育が違うことに起因していると考えられます。

海外では性行為のこと、避妊方法、事細かにしっかりと学びます。「恥ずかしい事」ではなく、真面目に男女の違いを尊重する為に学ぶのです。

日本の性教育は、保健体育の時間に「男女の身体、機能の違い」を学ぶくらいでしょうか。

正しい避妊方法、避妊に失敗してしまった場合の行動を学ぶところまでは、なかなか難しいのが現状のようです。


ドラッグストアやコンビニエンスストアでも、コンドームは店頭に並んでいますが、アフターピルは当然ありません。避妊を男性任せにする傾向は、今も昔も変わらないのが現状のようです。

昭和の時代、性に対しての恥じらいや、ピルを服用することに対しての後ろめたさ、少なからず風潮としてあったことは事実です。

しかし現代となり、男女の差は関係ない時代となりました。自分で自分の身体を守ることは当然です。ドラッグストアやコンビニエンスストアで、コンドームと同様にアフターピルが並んでもおかしくない、そんな日がもうすぐそこまで来ているのかも知れませんね。

何でも失敗は付き物、性行為で失敗したからアフターピルを服用することは、後ろめたくも恥ずかしくもないのです。自身の身体を守る為に大切なことなのです。

5、アイピルが安く買えるって本当?

最近ではインターネットにおいて、輸入代行による通販でアイピルが手に入るようになりました。

ジェネクリでは、他サイトよりも低価格でアイピルをご購入頂くことが出来ますし、アイピル以外のアフターピルも数多く取り揃えております。


アイピル、アフターピルのご購入はこちらから!

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?