避妊と月経、ピルとアフターピルについて

2018年5月14日

ピルとは

ピルは主に避妊の為の用いられる女性ホルモン剤で、現在ではピルと表現すると低用量ピルのことを指します。

1960年代にアメリカで開発され、今では世界で1億人以上の女性が服用していると言われています。

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが含まれていて、この成分が排卵を抑制することで避妊します。

また、子宮への精子の侵入を防ぎ、子宮の内側に受精卵が着床することを抑制します。

妊娠する確率を示すパール指数を基にすると、1年間ピルを正しく服用した場合は、妊娠する確率が0.3%まで抑えられます。

飲み忘れ等も考慮した一般的な服用の場合は、妊娠の確率は8%とされています。

 

ピルとアフターピルの違い

ピルとアフターピルが混同されるケースがありますが、ピルは基本的に毎日飲むもので、予期せぬ妊娠を予防するものです。

対してアフターピルは、予期せぬ膣内射精などで緊急的に避妊する必要がある場合に服用します。

ですので、毎日服用するピルはひと箱に21錠から28錠入りで、アフターピルは1錠、もしくは4錠などの少量で販売されています。

ピルの効果は避妊だけ?

通常のピルは計画的に避妊を行う為に服用しますが、別の用途で医師が処方するケースもあります。

生理痛の軽減、生理周期の安定、経血量の軽減、子宮内膜症の予防や卵巣がんのリスク軽減なども期待できるとされています。

月経困難症でお悩みの女性は非常に多く、日本では800万人以上とも言われています。

しかし、その内の10%程度しか医療機関を受診していないとされており、医療によって症状が改善される可能性がある、という認識を更に広げる必要があります。

月経困難症の主な症状としては下記のようなものが挙げられます。


下腹部の痛み

腰痛

頭痛

吐き気

下痢

腹部の張り

憂鬱

疲労

脱力感

食欲不振

イライラなど



また、月経困難症の要因は、機能性器質性の2種類に分けることが出来ます。

器質性月経困難症は子宮筋腫や子宮内膜症などの身体的理由によって引き起こされるもので、機能性月経困難症は身体的な要因(病気)がないのに引き起こされるものを指します。

他の疾患でもそうですが、まずは医療機関を受診し、自分が月経困難症なのか?もしそうなら原因は何なのか?について正しく知ることが重要でしょう。

これらの月経困難症にもピルが用いられることもありますので、ピル=避妊ではなく、女性が抱える幅広いお悩みに適した薬だと認識しておくと良いでしょう。

ただし、注意が必要な副作用などもありますから、ここからはピル、アフターピルの副作用について詳しく知って頂きましょう。

ピルの副作用

まず通常のピルの副作用として、飲み始め1~2か月程度は吐き気や頭痛が起こることがあります。

これは飲み続けることで軽減されるケースがほとんどですが、ピルは血栓症のリスクを高めることが分かっていますから、症状に耐えられなかったり心配な時は必ず医療機関を受診しましょう。

次にアフターピルですが、服用後に吐き気、嘔吐、頭痛が起こることがありますが、通常であれば24時間以内に治まるとされています。

ピル、アフターピル共に医療機関を受診し、副作用等についてもしっかり理解してから服用するようにしましょう。

有名なピル、アフターピル

有名なピルとしてはマーベロン、ヤーズ、トリキュラー等が挙げられますが、これらの後発薬も多く販売されております。

アフターピルではノルレボのジェネリック医薬品であるアイピルが人気で、副作用の少なさから選択される割合が多いようです。


大人気ピル、アフターピルのご購入はこちらから!


※ジェネリック薬とは

先発薬の特許有効期限後に販売される、先発薬と同等の有効成分・効果を持った安価なお薬です。

安価の理由は先発薬と同じ有効成分で作られる為、開発費はもちろん販売活動費も抑えられるからです。

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談