AGA(男性型脱毛症)について

2018年5月14日

AGA(男性型脱毛症)とは

男性型脱毛症とは、思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことで、AGAという呼称はandorogenetic alopeciaの頭文字をとって作られた言葉です。

典型的な症状としては、こめかみよりも上部で薄毛が始まり、生え際が後退することでM字パターンになってきます。

頭頂部は薄毛や薄毛、禿髪となります。

AGAは遺伝的な要素が深く関わっていて、この遺伝子は男性が母方から受け継ぐX染色体上に存在する為、母方の祖父の影響が最も強く出るとされています。

ただし、男性型脱毛症が遺伝の影響を受けていることは明らかですが、どの遺伝子がどのように作用して男性型脱毛症を引き起こしているのかを特定はできていない、というのが現状です。


AGAの症状

日本では1260万人の方が男性型脱毛症と言われていますが、自覚症状として下記のようなものが挙げられます。


抜け毛が多くなった

毛が細くなった気がする

地肌が透けて見えるようになった

毛が伸びない

頭皮が脂っぽいなど


思い当たるものがある方はAGA(男性型脱毛症)の可能性があります。

しかしAGAは治る時代になったとされていて、今後も更に良い治療法が開発されることが予想されますから、AGAは正しい治療法で改善出来るという認識が広がれば広がるほど、AGAに悩まれる方の数は減っていくでしょう。


AGAの有名な薬

AGA治療薬で有名なのはプロペシアで、これは世界で初めて医師によって処方されたAGA治療薬です。

内服薬(飲み薬タイプ)で、有効成分のフィナステリドがAGAの原因となるホルモンの産生を抑制することでAGAを治療します。

また、リアップという商品名は非常に有名ですが、このリアップの有効成分ミノキシジルを配合したツゲインも人気のあるお薬です。

外用薬(患部に直接塗るタイプ)で、血管拡張作用のあるミノキシジルが頭皮の血流を促し、頭皮にしっかり栄養が届くことで、発毛を促す効果があります。

この他にもフィンペシアミノキシジルタブレットなど、多くのAGA治療薬が発売されています。

最近ではAGA専門クリニックなど、AGAを専門的に扱う医療機関もありますから、自分に合ったお薬を見つけ、正しい治療法を実践することが大切でしょう。


人気のAGA治療薬、ジェネリック医薬品はこちらから!


※ジェネリック薬とは

先発薬の特許有効期限後に販売される、先発薬と同等の有効成分・効果を持った安価なお薬です。

安価の理由は先発薬と同じ有効成分で作られる為、開発費はもちろん販売活動費も抑えられるからです。

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談