不眠症について

2018年5月14日

不眠症とは

不眠症は「入眠出来ない」「睡眠を継続できない」などの睡眠障害を指します。

日本では60歳以上の方の3人に1人が睡眠に関する悩みを抱えているとされ、最近では若い方でも不眠に悩む方が多くなってきました。

症状

症状としては、大きく分けて4つに分けられます。


1、入眠障害

2、睡眠維持障害

3、早朝覚醒

4、熟眠障害


入眠障害は、ベッドに入って寝ようとしてもなかなか眠れない、といった状態を指します。

睡眠維持障害は、入眠することは出来ても途中で目が覚めてしまい、再び入眠しようとしても出来ない状態を指します。

早朝覚醒は、必要が無いのに早朝に目が覚めてしまい、再び入眠出来ない状態を指します。

熟睡障害はしっかり眠っているはずなのに、十分に眠れた感覚が無い状態を指します。

このように4つのパターンがありますが、不眠症や抗不安薬などを長期的に使用した場合、依存してしまう可能性もありますから、医療機関を受診し、ご自身の状態にあった服用を心がけましょう。

対策

睡眠は生活の基盤ですから、眠れなくなると疲れが取れず、だるい感覚が続いてしまいます。

また、眠れない日々が続くことで、早く眠らなきゃという焦りが生まれ、これが余計に入眠を妨げるようなことにもなりかねません。

運動不足の方は適度な運動をすることで疲労感が生まれ、入眠がスムーズになることもありますし、食生活のリズムを整えることで規則正しい生活が身につくケースもあります。

また、睡眠に不安を覚えたり、きちんと眠れている感覚が無い場合は、医療機関を受診し、医師に相談されることをお勧めしております。

不眠症で有名なお薬

不眠症のお薬で、入眠障害がある場合はソクナイトが人気で、眠りの質を向上させるならハイプロンが多くの方に購入されています。

薬を服用せずに眠れることが大切ではありますが、不眠症が悪化することで精神障害に発展するケースもありますから、早めに適切な処置を行うことが大切でしょう。


人気の不眠症治療薬、抗不安薬はこちらから!

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?