【お薬情報】バリフとは

2020年5月4日

【お薬情報】バリフとは

レビトラは2004年に日本で認可された2番目のED治療薬でバイエル社が製造販売しております。

日本ではレビトラのジェネリックの発売はまだ行われていません。

日本での特許権の満了にはまだ時間がかかるようです。

海外では特許事情が違ったり、提携後発メーカーがジェネリックを発売していたり、

また先発品メーカーが後発薬も販売していたりと

様々な理由でジェネリック医薬品が販売されています。

例えばレビトラジェネリックには「スタキシン」というものがありますが

これはレビトラの製造販売メーカーである米バイエル社が

アメリカで製造販売しているレビトラのジェネリックです。

「バリフ(Valif)」とはレビトラと同成分のバルデバフィルを主成分とするED治療薬で

バルデナフィル製剤としては最も有名な薬剤です。

通販や個人輸入ではバリフがレビトラのジェネリックの代名詞ともいえる存在です。


バリフとは

バリフはバルデナフィルを主成分とするED治療薬で

Ajanta Pharma(アジャンタファーマ)が製造販売しています。

アジャンタファーマの医薬品は世界25か国以上で販売され、

5つの最先端の工場を持つ大手メーカーです。

カマグラ、バリフ、タダリスなどED治療薬だけでなく

心臓病、眼科、呼吸器科、皮膚科などの多くの医薬品を製造しております。

ジャンタファーマ社などの薬剤は「国境なき医師団」の方たちが多く使用していることでも知られており、

多くの方の生命や健康を守っています。

日本ではレビトラはバルデナフィルとして通常10mg、20mgまで増量できますがバリフも同様です。

バリフの用量・用法はバルデナフィルとして通常10mgを1回服用します。20mgまで服用が可能です。

ただし通販や個人輸入では殆どバリフ20mg錠ばかりで10mg錠を見かけることはありません。


商品名:バリフ(Valif)

製造元:アジャンタファーマ(AjantaPharma)

主成分:バルデナフィル塩酸塩水和物

効果:レビトラと同じ


バリフの効果

バリフの主成分はバルデナフィルですので基本はレビトラと効果や副作用は全く同じです。

バリフやレビトラはPDE-5阻害薬に分類される薬剤でPDE-5阻害薬は主にED治療で使われています。

PDE-5阻害薬は陰茎海

綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑え、

陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量を促すことで勃起の持続力を促します。

また有効成分であるバルデナフィルは飲食の影響を受けにくいため、

バイアグラ(シルデナフィル)と比較すると

シルデナフィルと違い飲食をした後での効果が半減したりしません。

約700Kcalまでは食事の影響を受けないと考えられています。

最も食事の影響の少ないシアリス(タダラフィル)は800Kcalまでは食事の影響を受けません。

ただしED治療薬はどの薬剤も油分の多い食事を取った後は非常に吸収が悪く、

効果が減弱してしまいます。

バリフを食後に服用する場合には2時間以上あけて使用してください。


バリフの効果持続時間

超即効性で効果が出るまでにかかる時間が少ない事が大きな特徴です。

バリフはバルデナフィルが水に溶けやすい性質を持っているため即効性があり、

これはバイアグラ(シルデナフィル)やシアリス(タダラフィル)

にはないバルデナフィル特有の性質です。

そのため最高血中濃度に達する時間も0.7~0.9時間(42分~54分)と最も早くピークに達します。

またバリフの効果持続時間も8~10時間とバイアグラよりも長めです。

そのためED治療薬としての性能はシルデナフィルよりも即効性が高く、持続時間も長く、

食事の影響も少ないためバシルデナフィルと比べるとバリフの有効成分バルデナフィルが上でしょう。


バリフの早漏治療効果

副次的な効果としてバリフ10mg以上の服用で射精時間の延長効果も認められています。

これはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3剤あるED治療薬の中で

唯一レビトラ(バルデナフィル)のみに認められる効果ですので

早漏、早漏がちの方にはバリフなどバルデナフィルが第一選択薬になります。

バリフには性的な興奮や性欲増進作用はなく、

あくまで性的な刺激を受けて勃起したペニスを補助する効果があります。

つまり服用しただけでは勃起しませんのでご注意ください。

また作用時間ずっと勃起するわけでもありませんのでご安心ください。


バリフの副作用

また副作用の頻度もバイアグラよりも少なめですが

作用機序は同じPDE-5を阻害する薬剤ですので副作用の症状も同じです。

「火照り」「目の充血」「頭痛」「動悸」「目の奥の痛み」「ものが青く見える(青視症)」などです。

バリフの効果がなくなると自然と副作用の症状も軽快していきます。

頭痛が気になるときはロキソニンなどの鎮痛剤で対症療法してください。


バリフの種類と違いを比較

レビトラは錠剤しか存在しませんがバリフは普通の錠剤とゼリー(ジェリー)タイプの2種類があります。

バリフにOD錠はありません。


バリフの種類 特徴

バリフ 20mg錠が流通

バリフオーラルゼリー

(ジェリー) 20mgでゼリー(ジェリー)タイプ、吸収が早く即効性に優れている


バリフオーラルゼリー(ジェリー)

バリフのゼリー(ジェリー)タイプです。

バリフオーラルゼリー(ジェリー)は錠剤でなくゼリー状にしたバルデナフィル製剤です。

錠剤を飲むのが苦手という人には向いているでしょう。

1箱にバルデナフィル

20mgを含んだゼリーが7包入った1Week Pack仕様となっています。

錠剤タイプのバリフよりも吸収が早く即効性に優れていると言われているようです。


バリフの飲み方・服用方法

バリフはレビトラと飲み方・服用方法は変わりません。

1日1回10~20mgを性行為の30分前に水と一緒に服用してください。

バリフオーラルゼリー(ジェリー)はパックを切りゼリーを手で押し出すか、

口で吸ってそのまま食べてください。

バリフは通常20mg錠、20mgを含有したバリフゼリーが市場に流通しています。

全く初めてED治療薬を服用する場合、半錠にしたり、

ゼリーを半分摂取するようにして、バリフの用量を10mgでお試しください。

バリフはこちらからご購入頂けます


レビトラとバリフ、バリフオーラルゼリー(ジェリー)の違いを比較

レビトラとバリフは成分が同じバルデナフィルなので効果は同じです。

通常、効果時間や副作用など同等となりますが但しゼリータイプの製剤は吸収速度が

錠剤よりも早いと言われていますので効果発現までの時間が変わる場合があります。

バリフ錠剤の効果はレビトラ錠と全く同じです。


バリフの禁忌・併用禁忌

バルデナフィルの欠点としては禁忌、併用禁忌が多い点でしょう。

例えばバイアグラ、シアリスは人工透析中の方も服用できますが

レビトラ(バリフ)は人工透析中の方は服用することができません。

他のED治療薬もそうですが、狭心症や心筋梗塞などで

ニトログリセリンなどの硝酸薬や抗不整脈薬のアンカロン、

肺動脈高血圧症薬、抗HIV薬を服用されている方、網膜色素変性の方、

爪白癬などで抗真菌薬を服用している方でバリフと併用できない場合があります。


バリフはこちらからご購入頂けます

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?