【ED豆知識①】これってEDなの??教えて!!

2018年8月14日

EDなのか分からない!!

勃起不全、通称「ED」という言葉は皆さんよくご存じだと思います。

バイアグラの登場以来、ED治療薬も数多く世に出ていて、最近では専門のクリニックも街で見かけるようになりました。


ただ、自分がEDかどうかってどうやって判断するの?

という声は今も多いです。

日によって体調が変わるように、EDも症状が重たい日、軽い日があります。

ですから自分で判断しようとしてもなかなか基準が分からず、EDの発覚が遅れるケースが非常に多いです。


そこで!

今回はEDかどうかを判断する基準をご紹介★

固さは関係あるの?

自分の性器が勃起時でも柔らかい気がして、これってED?というお話をよく聞きます。

確かに、勃起時に固さが足りない場合は、そもそも勃起が不十分である事が考えられますので、EDの可能性があります。

しかし、亀頭部の固さについては、一概に言えません。


勃起した状態でも、亀頭部は柔らかいものです。

え?と思われるかも知れませんが、どれだけ強く勃起しても、亀頭部がとても固いと言えるような状態になる事はないんです。


これは陰茎と亀頭では構造が違い、もし亀頭がとても固い状態になってしまうと、

SEXをする際に女性は痛みを感じてしまいます。

亀頭はあくまでクッションであり、そこまで固くなる事はないんです。

しかしEDかも?と不安になってくると、勃起時の亀頭に触ってみて「柔らかい感じがする」と思い込み、自分はEDなんだと早合点してしまうケースがとても多いんです。


そうすると精神的な落ち込みや気分が下がってしまい、精神性のEDに発展する事もありますから、早合点する前にきちんと医師の診察を受ける等、適切な方法をとる事をお勧めします。

大きさって関係ある??

亀頭の柔らかさと同様に、EDかも?と早合点してしまう理由の一つに、サイズがあります。

生まれ持ったサイズが小さいと感じ、これもED?と思われる事がありますが、サイズはEDとは関係ありません。

身長と同じで、サイズは人それぞれ違いますし、サイズによってEDになりやすい、なりにくいというのはありません。


勃起不全は血液が海綿体に十分注がれない事が原因で起こるものですから、サイズは関係ありません。

また、サイズを気にしすぎるあまり、SEXに自信を持てないという声もよく耳にしますが、女性の意見を伺っても、大きいから良い、というような単純な話ではないと言われますから、サイズを気にしすぎてSEXに積極的になれないのは勿体ないです。

EDの年齢層って?

最も多いのが40代後半と言われています。

20代ではSEXに対しての緊張や不安でうまくいかない事が多く、30代で中折れの症状を訴える方が増えてきます。

40代から50代になると、生活習慣病(高血圧や糖尿病)にもなりやすく、これらはEDの原因にもなりますから、こういった要素が絡む事でEDが多くなります。

60代に入ると中折れ以前に、そもそも勃起しない、勃起が足りないという症状も出てきますね。


また、ジェネクリでED治療薬を購入されるお客様も、30代、40代、50代の方が多いです。

勃起はするけど、途中で中折れしてしまう、という症状があると、性的な不能感を頂きやすいですから、中折れ防止という意味合いもあるのかも知れませんね。

EDだと決めつけないで!!

日本人男性の4人に1人がEDと言われていますが、早合点してしまうのはよくありません。

どうしても確認する必要がある場合は専門のクリニックに足を運び、医師による診断を仰ぐのが良いでしょう。


しかし、現在では優れたED治療薬によって、普段は中折れしてしまうけど、服用すれば問題ないというケースが非常に多くなっています。

ジェネクリでも多くのED治療薬を取り扱っておりますが、特に人気なのはカマグラゴールドです。


カマグラゴールドは有名なバイアグラのジェネリック医薬品で、効果が全く同じなのに1錠辺りの価格が1000円以上安い大人気のお薬です。

実際にご購入頂くED治療薬の中でも飛びぬけて人気で、リピート率が高いのも特徴の一つでしょう。


中折れや大事な夜の前は、カマグラゴールドがおススメです♪


バイアグラと同じ効果で激安!!カマグラゴールドはこちら!


※ジェネリック薬とは

先発薬の特許有効期限後に販売される、先発薬と同等の有効成分・効果を持った安価なお薬です。

安価の理由は先発薬と同じ有効成分で作られる為、開発費はもちろん販売活動費も抑えられるからです。

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?