【体験談シリーズ①】フィンペシアって本当に効くの?

2018年7月23日

フィンペシアリアル体験談☆

今回はジェネクリに寄せられたAGA治療薬フィンペシアをご購入頂いたお客様のリアルな体験談をご紹介させて下さい♪

AGA治療薬という言葉は最近やっと認知されてきましたが、それでもまだ「AGAの薬って本当に効果あるの?」「薄くなってきたらもう手遅れでしょ?」といった声をよく耳にします。


確かにAGA治療薬は効果が出るまで比較的時間が掛かりますし、薄毛というデリケートな分野に関わるものですから、リアルな体験談って少ないですよね。

反対に、AGA専門のクリニックが登場したり、TVCM等でも盛んに放送されるようになっている事から、男性の薄毛が治療によって改善される事が広く知られるようになってはきています。


そこで!

ジェネクリで取り扱いのあるAGA治療薬の中でも、ひときわ人気の高いフィンペシアの体験談を皆様にご紹介させて頂きます♪

AGA治療薬を服用するかどうか迷われている方、どの薬にすれば本当に効果が出るのか分からない、といった方々に参考にして頂ければと思います☆

34歳男性T.Mさんの場合

服用期間/2017年2月~現在

T.Mさんは20代後半で薄毛が気になり始め、最初はまだ若いからちょっと薄くなっただけだろうとお考えだったようで、その時は何も対処されませんでした。

しかし徐々に薄毛が進行するにつれ、33歳の時に勇気を出してAGA専門クリニックへ検診に行かれました。


医師に相談したところ、AGA(男性型脱毛症)が進行しているとの診断を受け、有名なAGA治療薬である「プロペシア」を処方される事になります。

プロペシアとは、フィンペシアの先発薬で、世界的にも有名な薄毛治療薬です。

しかし1ヵ月ほど服用した頃に、28錠(1ヵ月分)で約8,000円に加えて、診察料等もかかることで、割高な印象をお持ちになられたそうです。


T.Mさん談

全く知識が無かったので、とにかく病院の先生に相談して、教えてもらえる事は全部聞きたいと思って行きました。


先生は丁寧に説明してくれて、ちゃんと薬を飲めば治るって事は分かったので、言われるままにプロペシアを処方してもらいました。

ただ、正直何か月も8,000円を払い続けるというのはちょっと、という気持ちはありましたね笑


※ジェネリック薬とは

先発薬の特許有効期限後に販売される、先発薬と同等の有効成分・効果を持った安価なお薬です。

安価の理由は先発薬と同じ有効成分で作られる為、開発費はもちろん販売活動費も抑えられるからです。

実は安く買えるってホント!?

確かにAGA治療薬は1ヵ月では効果を感じる事が難しく、長期的に使用しないと「意味が無いのかな?」と思ってしまったり「効果がなかなか出ないのに毎月8,000円はちょっと…」というお気持ちになられるケースが多いようです。


ただ、T.Mさんはどうしても薄毛を改善したいとお考えで、プロペシアを安く購入する方法を探されていたところ、個人輸入代行なら処方されるよりも安く購入できること、そしてプロペシアにはフィンペシアというジェネリックが存在する事を知るに至ります。


T.Mさん談

ちょうど知り合いがこっち系に詳しかったので、恥ずかしかったですけど相談してみたんです。

そしたら輸入代行だったら安くて、しかもジェネリックにしたら値段が8分の1って笑

騙されたとまではいかないですけど、病院の先生もそんなのがあるなら教えてくれたら良かったのになと思いました笑

おススメはフィンペシア★

フィンペシアはプロペシアのジェネリックで、プロペシアが1錠あたり約285円なのに対し、フィンペシアは1錠あたり35円からと、8分の1の価格で購入する事が可能ですから、T.Mさんは直ぐに個人輸入代行でフィンペシアを購入する事にされました。


T.Mさん談

やっぱり値段が自分にとっては大切なんですよね。たった8,000円ぐらいの事なんですけど、AGAの薬って最低でも6ヵ月ぐらいは飲まないとダメなんで、半年で48,000円じゃないですか?


お金持ちの人はいいかもですけど、自分は出来るだけ節約したいなって思ってて。

自分がフィンペシアを買ってるジェネクリさんだと1錠35円から用意されてるんで、同じ量だとしたら5,880円で買えるってヤバイですよね笑

8分の1の値段はさすがに魅力的でした。

改善されてくると振舞いも変わる!?

最初にも書かせて頂きましたが、AGAのお薬は長期的に服用するものです。

ですのでどうしてもコスト面で優れたものでないと、なかなか続けられない、という事情もありますね。

T.Mさんは2017年2月にクリニックで処方されたプロペシアを2ヵ月間服用され、その後は個人輸入代行でフィンペシアに切り替えられ、現在に至ります。


トータルの服用期間が4ヵ月を過ぎたあたりで改善を感じ、それからはAGAの改善に対する意欲が更に高まり、適度な運動や食事にも気を配られたそうです。

結果として、服用から7ヵ月目で薄毛はかなり改善され、意識的に頭頂部や生え際を隠そうとしていた以前に比べ、とても自然に振舞えるようになったとのこと。


T.Mさん談

薄毛を経験してない人には分かってもらえないかもしれないんですけど、頭ってすぐ目に入る場所じゃないですか?

サラリーマンなんで頭を下げることも多いですし、伸ばして隠すのも煩わしくて。

でも割り切って恥ずかしがらずに堂々とするのって凄く難しいんですよ、実際。

だから頭を下げる時も不自然に顔を相手に向けたり、女性と接する時は相手の目線が気になったりして、結構気を使っちゃうんです。


ただ、それが当たり前みたいに生活してたんで、髪がしっかりしてきて気にならなくなって初めて、それだけ普段気を使ってたんだな、って実感できたんですけどね笑

今はほとんど気にしなくて大丈夫なんで、ほんとに楽です笑

最後に

薄毛のお悩みはなかなか人に相談出来なかったり、まだ大丈夫、と自分に言い聞かせたりして、改善する為のアクションを積極的に起こせないケースが非常に多くなっています。


それに加えてどれぐらいコストがかかるのか?という点が不透明な事もあり、なかなか手を出せないという方も多いと思います。

ジェネクリでは、今回ご紹介させて頂いた【フィンペシアを1錠35円】からご購入頂く事が出来ますし、まとめてお買い求め頂くことも可能です☆


是非この機会にご検討下さい!

フィンペシアのご購入はこちらから!

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?