【体験談シリーズ④】フィンペシアの効き目って?

2018年7月26日

大人気企画の第四弾!!

AGA治療薬フィンペシアをご購入頂いたお客様のリアルな体験談をご紹介させて頂く大人気企画の第四弾!!


今回は3名のお客様に協力を依頼し、プロペシアのジェネリックで大人気のフィンペシアを服用して感じた事、思った事を率直にお話し頂きました!

フィンペシアは先発薬に比べて価格が8分の1程度と、コスパに優れていて、しかも先発薬のプロペシアと効果が全く同じという事で、大変人気な商品となっております。


でも…


「ジェネリックってホントに効くの?」

「本当は効果ないんじゃないの?」

「副作用とか大丈夫なの?」


こういった声があることも確かです。


そこで!

ジェネクリで実際にフィンペシアをご購入頂いた3名の方に特別インタビューを実施!

今回はフィンペシアのホントのところを徹底検証していきたいと思います!


※ジェネリック薬とは

先発薬の特許有効期限後に販売される、先発薬と同等の有効成分・効果を持った安価なお薬です。

安価の理由は先発薬と同じ有効成分で作られる為、開発費はもちろん販売活動費も抑えられるからです。

26歳男性H.Kさんの場合

H.Kさんはかなり若い頃から薄毛を気にされていて、最初にアレ?と思ったのは22歳だったそう。

親に相談するような事ではないし、勿論友達は気持ちを分かってくれない…。

そんな時にインターネットで知ったのが、AGA治療薬フィンペシアです。


H.Kさん談

正直言うと最初は信じてなかったです、AGA治療薬なんて。

風邪薬を飲んだら熱が下がるっていうのは理解できるんですけど、薬を飲んだら髪が生えるなんて信じられなくて。

だから最初はたまに薬を飲み忘れたり、旅行の時に持って行かなかったりで、適当に飲んでました笑


確かにAGA治療薬が世間に広く知られるようになったのは比較的最近ですし、出た当時は半信半疑の方が多かったようですね。

AGA治療薬よりも植毛やカツラ等の現実的な選択肢が存在しますから、わざわざよく分からない薬に頼ろうという方は少なかったんです。

しかしAGA専門のクリニックが登場したり、更に効果の高い治療薬が開発されたりと、徐々に世間の注目を浴び、今ではAGAは治るという認識がしっかりと広がってきました。


H.Kさん談

飲み始めて4ヵ月くらい経ってからですかね、急に髪が増えた気がして、あれ、もしかしてフィンペシアってホントに効くんじゃないの?って思ったんです。

それからは飲み忘れた事も置いて旅行に出かけた事もありません笑

飲めば薄毛が治るって分かった訳ですからね笑

効果は人によって違うと思いますけど、もしAGA治療薬が信じられなくて一歩踏み出せてない人がいるんだったら、一回その固定概念は取っ払って、飲んでみていいと思いますよ。

特に若い人にはそう言いたいですね。


H.Kさんはフィンペシアに出会えて良かったと仰っていました。

髪が増えた実体験もそうですし、先発薬のプロペシアと違ってフィンペシアの価格は1錠35円からととても安くなっていますから、コストが軽いんです。

若い方ほど薬だがかさむにつれて途中で服用をやめてしまうケースが多いですから、金銭面の負担が軽い事はとても重要なんですね。

54歳男性R.Eさんの場合

R.Eさんは40代後半で薄毛が気になるようになってきたようですが、仕事が忙しく、身だしなみにそこまで気を遣う方でもなかったようで、このまま薄くなってもいいかなと思われていたようです。

しかし50代になり、取引先の女性に恋をされ、それからというもの薄毛をどうにか改善したいと考えるようになられたとの事。


R.Eさん談

お恥ずかしい話ですが、結婚歴もなく、今まで恋人も2人くらいで、2人とも大学時代の短い付き合いでした。

恋愛経験が浅く、どうせ自分なんてという思いも手伝って、薄毛でも困る事なんてないと考えておりました。

ただ…取引先で出会った女性がとても親切で、お世辞にも魅力的とは言えない自分にも素敵な笑顔を振りまいて下さって、だから一気に好きになってしまったんですよ。

それからですね、自分でも驚くぐらい身だしなみが気になるようになって、スーツも新調して、靴も出かける前にしっかり磨くようになりました。

でもどうしても薄毛のままじゃ恋愛という意味での好意は抱いてもらえないんじゃないかと思い、勇気を出してAGAの治療をしようと思い立ったんです。


R.Eさんの場合だけでなく、何かきっかけがあって、それを機にAGA治療に踏み切られる方が多いです。

確かに薄毛は気になりますし、改善出来るものなら改善したいと考えるのは当然の事です。

ただ、本当に治るかどうか分からない薬にお金を払うのに抵抗があったり、副作用の事を考えると、諦めた方が楽だなという判断をされる方が実は沢山いらっしゃいます。

しかしAGA治療薬そのものの進歩もあり、ジェネリックであれば1日あたりの費用は35円から購入する事が出来るようになっていて、副作用についても医師に相談する事でリスクは限りなく軽減する事が出来ます。


R.Eさん談

副作用についてはAGA専門クリニックに出向いて、しっかり説明を受けました。

心配性なので医者が嫌な顔をするくらいしつこく聞きました。

自分の体の事なんで遠慮しても仕方無いですしね。

ちゃんと事前に納得出来るまで調べて、それから出来る限り価格の低いジェネリックで探したところ、フィンペシアを見つけました。

私の場合は服用を始めてから6ヵ月目で効果を感じました。

額と頭頂部が特に薄かったんですが、つむじが目立たなくなってきて、額が少しずつ狭くなっているように感じたんです。


今はAGAには見えないくらい髪は豊富になりました。

なので最近、魅力的だなと思っていた女性を初めて食事に誘ってみたんですが、結果は撃沈でした笑

6ヵ月かけてAGA治療したのに笑

でも、それはそれで良かったと思ってます。

若い頃の気持ちを取り戻せた気もしますし、結婚も諦めてましたが婚活サイトにも登録して、これから良い人を見つけようと思ってます。


とても前向きな方で、お話を伺っているだけで元気をくれる、そんな素敵な紳士でした。

自分を少しでも魅力的にみせたい、そういう気持ちがR.Eさんを奮い立たせ、結果として薄毛を改善され、今もとてもポジティブに生活されています。

39歳男性J.Kさんの場合

J.Kさんはアパレル関係の店長さんで、アメカジ系のバイク乗り、といった印象のダンディーな方。

ハンチングがトレードマークだったそうですが、ある日帽子をとった時に女性がハッとしたような表情になり、それを機にこれはしっかり治療しようと思い立ったそうです。


J.Kさん談

最初はショックでしたよーそりゃそうでしょ笑

見た目には自信がある方でしたし、実際オシャレにも気を配ってましたからね。

ちょっとぐらい髪が薄くてもそれもダンディー、みたいに割り切ってたんですよ。

でもね、あの時の女性の顔が忘れられないんですよね。。

悪気はなかったと思うんですが、それでもあの表情はショックでした笑

それからは急いでAGA治療薬を探して、それでフィンペシアにしたんです。


見た目に自信があるからこそ、女性のリアクションにショックを受けられたんですね。

確かに男性の場合、見た目に自信がある、もしくは普通ぐらいだろう、といった感覚をお持ちの方は、何か一つが崩れてしまうとそれを気にしてしまうものですよね。

それにJ.Kさんは完璧主義で、どうせAGA治療をするなら絶対薄毛を改善すると決意され、知人の紹介でフィンペシアとミノキシジルタブレットのダブル服用を選択されました。


J.Kさん談

だってどうせなら絶対治したいじゃないですか笑

もう女性にあんな顔されるのやだし、娘にはかっこいいお父さんって言われてたいんで笑

フィンペシアだけを飲むのと、ミノタブ(ミノキシジルタブレットの略称)も一緒に飲むのとだったら効果が全然違うって言われたんで。

でも確かにこれ効果あると思いますよ。

2ヵ月ちょいで髪が増えた感覚があって、4ヵ月目以降は鏡見るのが楽しみでしたもん。

やっぱり男は自信満々でいないとダメですね笑


J.Kさんが選択したフィンペシア+ミノキシジルタブレットというダブルの服用は、それぞれのお薬を単体で服用するよりも効果が高いとされていて、脱毛の予防と発毛効果を同時に得られる事が理由になっています。

最後に

今回は3名のお客様にご協力頂き、フィンペシアに関する率直な感想をお話し頂きましたが、如何でしたでしょうか?

3名とも、それぞれAGA治療を決心したきっかけや動機は違えど、AGA治療の結果に満足されている点では同じでしたね。

薄毛は人目に触れてしまいますし、なかなか割り切れないものですから、もしAGA治療を検討されているのであれば、是非ジェネクリでフィンペシア、ミノキシジルタブレットをお買い上げ下さい♪


フィンペシアのご購入はこちら!


ミノキシジルタブレットのご購入はこちら!

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?