【シアリス】ジェネリックならタダシップ

2019年1月9日

タダシップの本当の効果をお話しします

M.Oさん談

勃起不全で悩んでいる人はたくさんいますよね。男性にとって勃起不全というのは悲しい事です。ですが、残念ながら30代、40代になるにつれてそういった悩みが増えてくるのが現実です。そこで、タダシップという商品を見つけたので、もしかしたら効果が出るのではないかと思って使ってみることにしました。その感想を紹介します。 当時結婚して10年だったのですが、妻が自分との行為に不満そうだったのです。なぜ不満なのか理由を聞いても、別にないといっていたのですが、夜を誘ってもあまりに乗り気ではなく、セックスをしてもあまり満足がいっていないような感じでした。理由を聞いたら「私のモノの硬さがイマイチ」だといわれました。自分ではそこまでヒドイと思っていなかったのですが、妻は敏感だったのでしょう。確かに昔よりかは元気がないのは分かっていましたが、ここまで妻が不満に思うなんて思っていなかったので自分自身もショックを受けました。そこで、このタダシップを実際に使ってみることにしました。何故タダシップを使ってみたのかというと、ネットで評判だったからです。また、コスパも良いと書いてあったので、使ってみたいなと思ったのです。 そして、実際に使ってみた感想は、思ったよりも効果があってビックリしました。飲んでみて最初は特に効果があるとは思わなかったのですが、妻が私のモノを触ったらいつもよりもすぐに反応して、硬さもすごかったです。また、いつもなら少し時間を置くとすぐにふにゃっとしてしまうのですが、今回はしっかりと硬くてそのままの状態をずっと維持してくれました。

 

妻もいつもよりもすごいと大喜びで、その後行為をしたのですが、いつもよりもずっと良くて若いころに戻ったみたいだといわれました。また、30代に入ってからというもの、1日に1回しかできなかったのですが、1回したらしばらくするとまた、大きくなってきたので、2回目をすることができました。こんなの何年ぶりだったのでしょう。本当に自分でも何が起こったのかと驚きました。 もちろんタダシップのおかげだということは明白なので嬉しかったです。正直はじめは飲まないよりかはマシなのかなと思っていたのですが、自分が思っていたよりもものすごく効果を実感する事ができたので驚きです。値段も驚くほど高くなく、コスパが良いというのは納得ですね。 ただ、タダシップの効果で「サイズアップ」というのはあったのですが、性器自体のサイズアップはおそらくしないと思います。ただ、硬くなるので、太く、長くなったなというのは実感できました。ですので、元気がなくなった性器に対してならサイズアップをするというよりかは若いころのように元気になったと思っても良いでしょう。妻も昔に戻ったみたいだと言ってくれたので今までどれだけ我慢してくれていたのだろうと思いました。

 

今までは私の方から誘っていたのですが、タダシップを飲んでからというものの、妻の方から「今度はいつできる?」と聞いてきたり、あきらかに誘ってくるようになったので驚いています。さらに、妻の機嫌も良いのでそういった意味でも飲んでよかったなと思います。男性は40代になると元気がなくても年齢のせいで仕方ないと思ってしまいがちですが、意外と妻の方が不満に思っている可能性がありますよ。ですので、イマイチ元気がなかったり、性欲が減退していたらタダシップを飲むのをおすすめします。私は使ってみて大満足なので、勃起不全で悩んでいる男性がいたら是非、すすめたいと思っています。 このように、タダシップを紹介しました。勃起不全にとても効果があると思ったのでもし、悩んでいる人がいたら試してみる価値はあると思います。そして、私の体験を参考にしてくださいね。

 

タダシップはこちらからご購入頂けます

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?