【シアリス】タダシップでこれからも遊びます

2019年1月23日

女性に慰められるのは男として避けたい

M.Jさん談

40歳を過ぎても女遊びがやめられない、どうしようもないジゴロな生活を送っているものです。ただこれまでは、夜の悩みなんて性病の心配くらいしか心配したことなかったんですが、ここ1年半くらい弱くなるってことを体感しております。なんと言うか、まあ俗にいう中折れってやつですかね。頑張ってる最中やさあこれから盛り上がろうって時に、どんどん力が抜けるように萎んでいってしまうのです。 この症状が出ると復活にもかなり手間取ってしまって、結局未到達で終了するってこともしばしば。女の子は慰めてくれるんですが、以降それまでの距離感とは違ってきますよね。多分そういったことが続いたことで、積極性もなくなりましたし確実にモテなくなったと思います。 ケジメとばかりに病院を受診しシアリスってのを処方してもらうことに。ED薬としてはバイアグラよりも支持率が高いようで、世界シェアも拡大中らしい今最も勢いのあるものらしいのです。特徴としては持続力への作用が半端ないらしく、バイアグラやレビトラの3倍ほど。

 

また食事の影響が少ないってのも、飲みやすさに寄与。ED薬を飲むタイミングを計っているって女性にバレると情けないものですよね。スマートに勃起させてこそ、デキる男ってもんです。シアリスは大抵の医療機関で扱っていて、国内の製薬会社も製造しているので、手に入れるのも簡単。そして私の求め得る結果をしっかり出してくれるとっても頼りになる奴でした。 でもどうしてもコスト面においてついていけなくなる、保険適応外なので1錠が安くて1500円、医療機関で処方してもらうと平均1700円程してしまいます。一晩1700円、効果も高いけど値段も高いよね。 と悩んでたところに「タダシップ」という救世主現る。捨てる神あれば拾う神あり、世の中は何処に活路があるか分からないからこそ面白いのだと、タダシップが知らせてくれました。簡潔に言うとタダシップは、シアリスのジェネリックという位置づけのED薬。 タダラフィルという有効成分も基本的な製造方法も生み出す効果も同じ、ただ違うのが価格が全く持って違うってことです。先ほども言ったようにシアリスの場合は1錠1700円はくだらない、しかしタダシップの場合は1錠が400円程度で手に入ってしまう、4分の1以下ってことです。問題点は処方してる医療機関がほとんどなく、主にネットで購入しなければならないということくらい。あとはインド系の製薬会社が製造しているという点です。

 

ネットショップを見ても、特に品切れもなく普通に注文でき、あっけなく手元にタダシップが届きました。錠剤の感じは形状・色合い共にシアリスと同じで馴染みやすいです。あとダダラフィルの含有量が20ミリグラムだったので、割って飲むのもアリ、一回分が200円程になるというコスト面ではいうことなしです。副作用も特に心配するに至らず、体に起こる変化もシリアスと同等で余裕でコントロールできるレベル。 納得の勃起感へと導いてくれます。これならば毎晩、女の子を誘えると喜びが溢れ出んばかりに。効果が安定してるってのはセックスに対しても余裕が生まれるんです。弱くなり始めてからは、なんとか男の面子よりも女の子に恥をかかさないようにって、焦ってガッツクてのが当たり前だったのですが。 タダシップがあるってことで、前戯に時間をかけられるようになるので、女の子が十分に仕上がったところに止めの猛り狂うアレ。女の子が力いっぱいギュッと抱きしめてくるところなんか最高ですよね。 なんかエッチのレベルも上がっちゃったのかなァ~って。あとね、血管拡張作用があるので勃起力だけでなく肩こり解消なんかにも好影響があるんじゃないかな。仕事が忙しい時など背中がバッキバキだったのが緩和されてる気がする今日この頃です。

 

タダシップはこちらからご購入頂けます

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?