【AGA豆知識②】シャンプーの頻度って??

2018年8月12日

AGAの豆知識をご紹介する新シリーズ第二弾!

今回はシャンプーについてお話させて下さい!


シャンプーは沢山した方が良い?

朝と夜の2回?

それともしない方が良いの?


こういった疑問って、AGAで悩まれている方だけでなく、案外沢山の方が抱かれていると思います。

そこで!

この記事ではシャンプーの頻度についてご紹介させて頂きます☆

1日1回でも多すぎるってホント!?

シャンプーは1日1回必ずするもの。

この常識っていつから言われるようになったのでしょうか。

案外その根拠を誰も知りませんし、本当はどうなんだろう、って不思議に思ってる方も多いと思うんです。

ジェネクリではこの疑問にお答えする為、調査を行いました。


結果、1日1回のシャンプーは多すぎるという結論に至りました!!


そもそも頭皮には、善い菌と悪い菌が存在します。

悪い菌は増えすぎると悪臭等の原因になるのに対し、善い菌は悪い菌が必要以上に繁殖する事を抑える働きがあります。

このバランスが崩れてしまうと、悪い菌が増えすぎて、臭いが発生したり、様々な頭皮のトラブルを招きます。


シャンプーは確かに頭皮を清潔で綺麗に保ってくれますが、洗浄力が高すぎる事で、悪い菌だけでなく、善い菌も洗い流してしまうんです。

これだけ聞くと、それなら別に問題ないんじゃない?と思われるかも知れませんが、そんな事ないんです。

悪い菌の方が生命力が強い

とてもシンプルに説明すると、善い菌は弱くデリケートで、悪い菌は強く生命力が高いです。

しかも善い菌が少なくなった環境では、悪い菌は繁殖し放題になり、これが雑菌を増やす最大の原因になります。


本来であれば、洗髪は3日に1回程度でも問題ないと言われていて、しかもシャンプー等を使わずに適温のお湯で優しく洗うだけで、ほとんどの菌を洗い流せるとされています。

なのにシャンプーを1日に1度、多い場合だと2回程度使用する事で、善い菌のほとんどが失われてしまうんです。


打開策としては、シャンプーを使って洗った翌日は、シャンプーを使わずに洗い流すだけにする。

この繰り返しが、現実的な打開策になるのではないでしょうか。


1日1回のシャンプーに慣れてしまうと、シャンプーを使わないと汚れが残っているような気がしてしまうと思います。

でも、それだと悪循環から抜け出す事が出来ません。

特に臭いが気になる人は試してみて!

シャンプーの使い過ぎが頭皮の悪臭を招くというのはなかなか信じられない話ですが、清潔にしすぎる事で不潔に弱くなってしまう、というのはよくある話ですよね。

普段から人間は多くの菌に接していて、それでも基本的には健康を損なう事なく、生活する事が出来ます。


むしろ雑菌に触れる事でそれに対抗する為の菌が活発になり、元気よく働くという事もあるんです。

腸内フローラという言葉は有名ですが、フローラはお花畑、という意味です。

花畑には、土があり花が咲き虫がいます。

それぞれが共存する事で土は肥え、花は育ちやすくなり、虫もその恩恵を得る事が出来ます。


これと同じで、一つ一つを切り取ると悪いものに思えても、全てが嚙み合う事で全体としての利益に繋がる事もあるんですね。

髪や頭皮の臭いは雑菌が原因になっている事が多いですから、もし気になる方は、シャンプーを2日に1回に減らしてみては如何でしょうか?

最後に

ジェネクリでは、AGA関連の商品を数多く取り揃えております。

有名なプロペシアもそうですし、プロペシアのジェネリック医薬品で価格が8分の1以下のフィンペシアもご用意しております。

薄毛や抜け毛でお困りの方は、是非こちらの商品もチェックしてみて下さいね♪


プロペシアと同じ効果で価格が8分の1、フィンペシアはこちら!!


また、育毛で有名なミノキシジルタブレットの取り扱いもありますので、頭皮、頭髪が気になる方は是非チェックしてみて下さいね!


ミノキシジルタブレットのご購入はこちら!

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談