【レビトラ】バリフの効果で人生上向き傾向

2018年12月10日

自信があったのにEDに…選んだのはバリフ

M.Jさん談

昼間の体力が若者に負けるのは仕方ない、でもね夜の体力はまだまだ負けたくないのが中高年世代ってもの。だって経験を重ねた分だけエッチのスキルが向上し女性を喜ばせることが出来るようになるからです。しかし人生というのは非情なもので、ちゃっかり夜の体力が急降下し連戦連敗が続いておりました。泣きましたよね久々に、中年の涙ほど情けないものはなく、いつしか負け犬根性が染みつくことに。 慰めてくれる仲間たちもいわゆるソッチの方が思わしくないという負の連鎖です。そういった期間が約1年ほど続き、すっかり人生の楽しみが枯れてきた感のあった私。このままではいられないと、これまで少し避けていたED治療薬に頼ってみることにしました。でも医療機関を受診して処方してもらうのはやっぱり恥ずかしい、こちらの気持ちが分かってくれるとは言え先生に「どうされました」私「下半身の方が元気がないんです」なんて想像しただけで悪寒がしてしまうほど。そこでネット通販を利用して手に入れることを選びました。大々的ではないにしろ結構ED治療薬を専門に販売しているショップがあります。

 

そして各治療薬のジェネリックを集めたショップが信頼できそうと判断、何でも現地の薬局や業者と提携し確かなルートを確保しているとの説明がなされていたからです。この業界は怪しい偽物や如何わしい粗悪品なども多く出回ってるそうなので、こういったところは必要以上に気になってしまいます。まずはじめに気付いたのが、とってもお手ごろ価格であるってところ。 いくらジェネリックとはいっても、こんなんで手に入るんだって正直思いましたよね。お目当ての商品は事前に情報を仕入れていた「バリフ」てヤツ。バイアグラと並び称されるレビトラのジェネリックです。製造元はインドのアジャンタファーマーズという製薬会社、地元じゃ各種ED治療のジェネリックを製造している、いわば大元締めみたいなところです。 ウワサではゼリータイプでいろんなフルーツ味が楽しめるバリフがあるようですが、見つけ出すことが出来ず。仕方ないのでタブレットタイプを大人しくポチッとな。1箱10錠入って1300円くらいだったかな、でもおもわぬ落とし穴が送料、1000円くらいかかっちゃったので結局1錠200円以上するってことになるのね。首がグーンと伸びてしまうほど到着まで時間がかかって、もう来ないかと思ってヒヤヒヤ。梱包は普通、適当とも言える感じででした。

 

食事の後でも効果があるとのフレコミに従い、夕食後に1錠ほど飲んでみることに。30分ほどで変化があらわれるようですが、私の場合は中々そこまでは至らず、1時間後くらいでしたかね(もしかすると食事の影響かも)。しっかりカタくなったのはよかったのですが、あきらめかけてたところでの不意の勃起だったのでシチュエーションが良くなかった。まさかの用を足してる最中だとは、ぜひとも注意書きに一筆加えてほしいものです。 効果のほどは十分理解したので、相手あってのED治療薬。さっそくですがお姉さんのいるお店で試してみることにしました(行きつけのリラクゼーションサロン)。食事の後は1時間、すると空腹ならもう少し効果が早まるのかなという考えの下、予約の30分前くらいに飲んでおきました。ジャストタイミングというか、受付時から反応してしまっていてもう大変。マッサージ中ずーっと勃起したままで持続力も中々のモノ、担当してくれたセラピストさん、いつになく元気の良い私のアソコを見て笑うしかなかったようです。 そしてマッサージもいつもよりハードにディープにサービスアップという嬉しい結果に。やっぱり男って勃起するといろんな得が生まれるものなんですね(実感)。

 

バリフはこちらからご購入頂けます

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?