【ジェネクリ公式】早期妊娠検査薬の通販ページです。

早期妊娠検査薬

受精後9~12日ほどで検査することが可能となります。
1本299円〜

早期妊娠検査薬

個数選択
通常価格
ジェネクリ価格
1錠あたり
ご注文
個数
5個
通常価格
2,000円
ジェネクリ価格
1,900円
1錠あたり
380円
個数
10個
通常価格
4,000円
ジェネクリ価格
3,320円
1錠あたり
332円
個数
20個
通常価格
8,000円
ジェネクリ価格
5,980円
1錠あたり
299円
     

早期妊娠検査薬の内容はこちら

有効成分
HCG2.8mm
内容量
HCG2.8mm
メーカー
Runbio Biotech
発送国
シンガポール
     

早期妊娠検査薬      

早期妊娠検査薬は、女性が妊娠した場合に分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)を検査することで、早い段階で妊娠を確認することができます。
少しでも早く妊娠を確認することで、薬の服用やタバコ、アルコール類など胎児にとって影響があるものを早めに避けることができます。

従来までの妊娠検査は、生理予定日の1週間前後のチェックでしたが、この商品は受精後9~12日ほどで検査することが可能となります。

早期妊娠検査薬の使用方法

尿を紙コップに取り、検査シートのMAXと書かれたところまで入れ、3秒間浸します。
検査シートを取り出し後、水平に構え結果は5分以内に現われます。
※15分以上経過した結果は無効となります。

早期妊娠検査薬の副作用

ありません。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう

【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販
平均:  
 3 レビュー
by ^^ on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

早期妊娠検査薬は薬局で売ってないこととか高いことが多いのでこの値段で買えるのは助かります^^

by on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

すぐわかるので毎回こっちです!

せっかちなので通常のは待てないww

by child on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

早く検査して結果が知りたい時に!

普通の検査薬は結構時間あけないと検査できないですからこれは助かります。

薬局では高いし定員さんの目が気になってしまって><

ありがとうございます

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?