【ジェネクリ公式】ロエッテ(超低用量ピル)の通販ページです

ロエッテ(超低用量ピル)

多くの医薬品を生み出したファイザー社の経口避妊薬
1錠82円〜

ロエッテ 21錠

個数選択
通常価格
ジェネクリ価格
1錠あたり
ご注文
個数
1箱
通常価格
2,500円
ジェネクリ価格
2060円
1錠あたり
98円
個数
3箱
通常価格
6,600円
ジェネクリ価格
5770円
1錠あたり
91円
個数
6箱
通常価格
13,200円
ジェネクリ価格
10340円
1錠あたり
82円
     

ロエッテ(超低用量ピル)の内容はこちら

有効成分
レボノルゲストレル0.10mg/エチニルエストラジオール0.02mg
内容量
21錠
メーカー
ファイザー社
発送国
シンガポール/インド
     

ロエッテ      

ロエッテは日本でも有名な「トリキュラー」のジェネリック医薬品で、多くの医薬品製造を手掛けるファイザー社製の超低用量ピルです。
ジェネクリのロエッテは100%正規品です。

副作用が少ないだけでなく、女性ホルモンを安定させることからお肌の調子が良くなったら、美肌効果があったりと女性に嬉しい効き目です。
避妊に積極的なパートナーであれば問題ありませんが、妊娠を望まないタイミングでの妊娠は女性にダメージを与える可能性もあります。
現在では女性が積極的に避妊に参加し、妊娠の可能性を自分で決める女性が増えていらっしゃるようです。

※ジェネリック薬とは
先発薬の特許有効期限後に販売される、先発薬と同等の有効成分・効果を持った安価なお薬です。
安価の理由は先発薬と同じ有効成分で作られる為、開発費はもちろん販売活動費も抑えられるからです。

他のピル・アフターピルやジェネリック医薬品はこちら

ロエッテ(超低用量ピル)の服用方法

生理初日から1日1錠を毎日同じ時間に服用し、21日服用を続けたらその後7日間は休止して下さい。
29日から服用を再開し、このサイクルを続けて頂くこととなります。

ロエッテ(超低用量ピル)の使用上の注意

医師にご相談の上、ご使用下さい。

ロエッテ(超低用量ピル)の副作用

むかつき、下腹部の痛み、むくみ

専門サイトでもご確認頂く事が出来ます

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう

【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販
平均:  
 17 レビュー
by A on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

色々と使いましたが、

これが副作用なくて体にやさしい(^^)

by ゆたんぽ(対象商品:ロエッテ) on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

アフターピルとしても超低用量ピルとしても使用出来るのがいいですね。とても使いやすいです。

by にぽ(対象商品:ロエッテ) on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

他のピルだと吐き気がしたりして副作用が酷く、飲むのが辛かったのですが、ロエッテに変えてからは副作用的なものが全然出なくとても飲みやすいです。

by ヨン(対象商品:ロエッテ) on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

生理痛がヒドく少しでも改善したくて利用を始めました。使い始めてからは生理痛も収まり順調です。また、ホルモンバランスも安定して肌の調子も良くなってきました。いいこと尽くしです。

by モカ(対象商品:ロエッテ) on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

習慣にしてしまえば飲み忘れることはないですね。避妊効果もバッチリだと思います。

by lemon(対象商品:ロエッテ) on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

緊急時との併用がきくのが一番の魅力ですね。

by gold(対象商品:ロエッテ) on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

ニキビがなくなってお肌の調子が良くなりました(^。^)

by 由美(対象商品:ロエッテ) on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

ずっと飲んでますが効果もあり、副作用もほとんどないです。

by はっち(対象商品:ロエッテ) on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

PMSがかなり改善され、副作用もほとんど感じません。

避妊効果もあるので安心して彼氏とえっちも出来るのでかなり良いです。

by セブン(対象商品:ロエッテ) on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

勧められたのでロエッテを購入しました。アフターピルにもなると考えたら安いと思います。

Page 1 of 2:
«
 
 
1
2
 
»
 
ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?