プライバシーポリシー

ジェネクリ(以下弊社)は、当社が運営するウェブサイト上で提供する全てのサービス(以下弊社サービス)におけるプライバシー情報の取り扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下ポリシー)を定めます。

プライバシー情報とは

プライバシー情報のうち「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。

プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは、上記に定める「個人情報」以外を指すのものとし、お客様が利用された当サービス、注文商品、閲覧ページや広告の履歴、検索された検索キーワード、利用日時、利用方法、利用環境、郵便番号や性別、職業、年齢、IPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などを指します。

プライバシー情報の収集について

当社は、お客様が当サービスを利用する際に提供いただく、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの「個人情報」を収集します。

また、当社は、お客様が当サービスや当社提携先のサービスを利用、またはページを閲覧する際に、お客様が利用された当サービスの利用状況および履歴、注文商品、閲覧ページや広告の履歴、検索された検索キーワード、利用日時、利用方法、利用環境(携帯端末を通じて利用する場合の当該端末の通信状態、利用に際しての各種設定情報なども含む)、郵便番号や性別、年齢、IPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などの「履歴情報および特性情報」を収集します。

個人情報を収集する目的

個人情報を収集する目的

当社がお客様の「個人情報」を収集ならびに利用する目的は、以下のとおりです。

(1)お客様が個人の登録情報の閲覧、認証、修正等できるように、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、その他会員ログインに関わる情報などの当サービスの利用登録情報、利用されたサービスや注文商品、および代金決済に関する情報などを表示する目的

(2)お客様が簡便にデータ入力できるように、当サービスの利用登録情報を入力画面に表示、またはお客様の同意に基づいて他のサービスなど(当社提携先が提供するものも含む)に転送する目的

(3)お客様が商品、またはその他役務の注文をした場合に必要とする、商品の配送、役務の提供、代金決済、当社からお客様へのご連絡、その他取引にあたって必要な業務遂行のため、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報、利用日時、利用方法、利用環境、利用状況および履歴、銀行口座番号やクレジットカード番号、配達物の追跡結果情報などを利用する目的

(4)お客様からのお問い合わせ対応、またはお客様の本人確認を行うために、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報、利用日時、利用方法、利用環境、利用状況および履歴、銀行口座番号やクレジットカード番号、配達物の追跡結果情報などを利用する目的

(5)当サービス向上を図るため、お客様が利用された当サービスの利用状況および履歴、注文商品、閲覧ページや広告の履歴、検索された検索キーワード、利用日時、利用方法、利用環境(携帯端末を通じて利用する場合の当該端末の通信状態、利用に際しての各種設定情報なども含む)、郵便番号や性別、年齢、IPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などを利用する目的

(6)代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど、当サービスの利用規約に違反したり、不正・不当な目的で当サービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするために、利用態様、氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する目的

(7)上記の利用目的に付随する目的

クッキー(Cookie)について

クッキーとは、ウェブサーバーとブラウザソフトで閲覧するコンピュータとを結びつける技術です。当社では、サービス向上、および効率的なサイト運営のためにクッキーの情報を利用しています。クッキーは、お客様を特定するような情報を含んでいるものではなく、コンピュータや個人情報へのアクセスを当社からできるようにするものでもありませんのでご安心下さい。また、お客様が利用するブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることも可能です。

SSLについて

当社は、SSL(セキュア・ソケット・レイヤー)暗号化通信方式を採用しています。お客様の個人情報が送信される際には、SSLによりお客様のコンピュータと当社のサーバー間の通信が暗号化されるため、情報漏洩や改ざん等を防止し、安全にデータ通信を行うことができます。ほとんどの主要ブラウザソフトはSSLに対応していますので、通常、お客様がSSLを意識する必要はありません。

個人情報の第三者提供について

1. 当社は、次に掲げる場合を除いて、予めお客様の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法、またはその他の法令で定められる場合を除きます。

(1)法令に基づく場合

(2)人の生命、身体または財産保護のために必要がある場合において、お客様ご本人の同意を得ることが困難な場合

(3)公衆衛生の向上、または児童の健全な育成推進のために特に必要がある場合において、お客様ご本人の同意を得ることが困難な場合

(4)国の機関もしくは地方公共団体、またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合において、お客様ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合

(5)予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合

i. 利用目的に第三者への提供を含むこと

ii. 第三者に提供されるデータの項目

iii. 第三者への提供の手段または方法

iv. お客様ご本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること

2. 前項の定めに関わらず、次に掲げる場合は第三者には該当しないものとします。

(1)当社が利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合

(2)当社の合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合

(3)個人情報を、特定の者との間で共同して利用する場合において、その旨ならびに、共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理に関しての責任を有する者の氏名、または名称を、予めお客様ご本人に通知、もしくは容易に知り得る状態に置いている場合

個人情報の利用停止等

当社は、お客様ご本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下、「利用停止等」という)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行います。その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨をお客様ご本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有し、その他利用停止等の措置を行うことが困難な場合において、お客様ご本人の権利利益の保護に必要な代替措置が可能な際は、これを実施するものとします。

プライバシーポリシーの変更について

弊社ポリシーの内容は、お客様に通知することなく、変更することができるものとします。

弊社が別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは、弊社サービスに掲載したときから効力を生じるものとします。

その他

2005年4月1日より施行の個人情報保護法において、当サイトでは会員様の個人情報を適切に保護し、管理することの重要性を厳しく認識し、今後さらにその徹底、強化に努めてまいります。

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?