【ジェネクリ公式】クラビット・ジェネリック(性感染症)の通販ページです。

クラビット・ジェネリック(性感染症)

クラミジアや淋病などの性感染症の治療、ニキビ治療に多く使われます
1錠80円〜

クラビット・ジェネリック250mg

個数選択
通常価格
ジェネクリ価格
1錠あたり
ご注文
個数
20錠
通常価格
2,000円
ジェネクリ価格
1,700円
1錠あたり
85円
個数
40錠
通常価格
4,000円
ジェネクリ価格
3,200円
1錠あたり
80円

クラビット・ジェネリック 500mg

個数選択
通常価格
ジェネクリ価格
1錠あたり
ご注文
個数
10錠
通常価格
2,000 円
ジェネクリ価格
1,700円
1錠あたり
170円
個数
30錠
通常価格
6,000円
ジェネクリ価格
4,500円
1錠あたり
150円
     

クラビット・ジェネリック(性感染症)の内容はこちら

有効成分
レボフロキサシン水和物250mg・500mg
内容量
レボフロキサシン水和物250mg・500mg
メーカー
シプラ
発送国
シンガポール・インド
     

クラビット・ジェネリック      

日本での薬名は、クラビットとなる成分レボフロキサシン水和物は、様々な感染症に用いられる医薬品です。

ジェネリック名のレボクインは、同一成分の後発薬で製薬大手のシプラが製造販売しています。

クラミジアなどの性感染症をはじめ、グラム陽性菌・陰性菌、レジオネラやマイコプラズマなどの細菌にも有効とされています。
従来まではニューキノロン系のタリビットという抗菌薬が主流になっていましたが、クラビットは難治性の感染症にも効果があり、抗菌力が強いことから国内で最も使用される抗菌薬の1つとなりました。
副作用も少ないと言われており、セフェム系やペニシリン系の抗生物質にアレルギーがあり服用できなかった人でも服用が可能となります。
様々な感染症(呼吸器・皮膚・尿路)に作用し、耳鼻科領域の感染症に対しても用いられることがあります。

クラビット・ジェネリック(性感染症)のクラビットの効果(適応菌種類・適応症)

クラビットの効果は細菌によって感染が起こり、発赤や腫れ、時に化膿や痛み、発熱などの苦痛を伴う症状の原因となっている細菌のDNA(遺伝子情報物質)の複製を防ぐことで繁殖を防ぎ、殺菌する効果があるため身体に現われている症状を治癒してくれます。
感染率が国内でもトップクラスのクラミジア性感染症に適応があるので処方機会も多くなっています。
また、アクネ菌に対しても殺菌・抗菌の効果があるため、ニキビ治療に対しても効果を発揮します。

また適応する症状として、下記の適応があり広く多くの科で用いられる機会が多い抗生物質です。
■呼吸器感染症
・急性気管支炎、咽頭炎、扁桃炎、肺炎、慢性的な呼吸器系の病変による二次感染
■皮膚感染症
・慢性膿皮症、表在・深在性皮膚感染症、化膿性の炎症を伴うざ瘡
■尿路感染症
・腎盂腎炎、膀胱炎、急性・慢性の前立腺炎、尿道炎、副睾丸炎(精巣上体炎)、胆管炎、胆のう炎、子宮頸管炎
■耳鼻科領域
・副鼻腔炎、中耳炎、外耳炎
■その他
・歯冠周囲炎・ペスト・肺結核・Q熱

クラビット・ジェネリック(性感染症)の使用方法

通常、1日1回500mg(250mg×2錠)を水またはぬるま湯で服用して下さい。
重度の症状と思われる場合は、1日1回750mgを3日服用して下さい。
※クラミジアの服用日数は、約1週間と言われています。
症状によって用量・日数が異なりますので、掛かりつけの医師にご相談下さい。

クラビット・ジェネリック(性感染症)の副作用

クラビットの副作用は少ないと言われ、軽い症状として下痢または吐き気などの症状や発疹などが現われることがあります。
これら症状が長く続いてしまう時には、医師に相談を行って下さい。

クラビット・ジェネリック(性感染症)の注意点

クラビットの服用が出来ない人は、病気やアレルギーによっては服用出来ないことがあるので医師に相談して下さい。
また通常は妊娠中の方や身体の小さな子供には使用は使用しません。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう

【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販
平均:  
 1 レビュー
by 性欲ア太郎 on 【公式】ジェネクリ|ジェネリック医薬品個人輸入代行通販

病院行くのが恥ずかしいので助かります・・・

ジャンルから選ぶ
 
お薬情報・体験談

【お薬情報】ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?


医療用医薬品は、「先発医薬品」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」の2種類に分類されています!


【後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは】


先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。 また先発医薬品より飲みやすくしたおくすりを開発することもあり、 添加剤の違いや、色や形が違うものがあります。


【なぜ同じ効き目なのに安いの?】


先発医薬品は長い期間と数百億円もの莫大な費用をかけて研究されます。 そして、医薬品の臨床試験である「治験」を経て有効性や安全性が確認されたのちに、 国の承認を受けて発売されます。 こうした開発に成功した場合、医薬品の価格である薬価には原材料や製造費に加え、 研究開発費や特許料、適正使用のための情報提供活動費用も上乗せされるため、比較的高額となってしまうのです! しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は同じ有効成分で作られる為、 何百億円ともいわれる多額の研究・開発費等を使わずに製造・販売することが可能です。 そのため、ジェネリック医薬品は安く設定されます。先発医薬品の3~6割程度で価格設定が出来ちゃうのです!


後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は、治療学的に「同等」ではあるものの、 先発医薬品とまったく「同じ」であるわけではありません!! たとえば、先発医薬品が製剤特許を有している場合には、異なる添加剤を使用して後発医薬品が製造されることもあります。 しかし添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていたとしても、 ジェネリック医薬品の承認審査において、有効性や安全性に違いが出ることがないよう主成分の血中濃度の挙動が先発医薬品と同等であることが確認されています。 つまりは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品は効果については同じということですね!


なので安心してジェネリック医薬品を服用してくださいね。


2020.11.27

【お薬情報】低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い

低用量ピル「21錠」と「28錠」の違い!


【21錠タイプ】

21日間服用タイプは、 1シート21錠全てにホルモンが含まれており、 21日間1日1錠服用した後、7日間は服用を休みます


【28錠タイプ】

28日間服用タイプは、 ホルモンが含まれている21錠の錠剤と、 ホルモンが全く含まれていない7錠の錠剤(プラセボ)が1つのシートに収められています。28日間毎日、1日1錠を服用し、1シート全部の錠剤をのみ終えたら、服用を休まず翌日から続けて新しいシートの錠剤の服用を始めます。


この服用することをやめる期間のことを休薬期間と言います。休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています!


この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています


一般的に休薬期間に消退出血(生理)が起こるのですが、来なかった場合でも、 そのまま続けて低用量ピルを内服し続けてかまいません


ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。

2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。


偽薬 (プラセボ)を飲み忘れても避妊効果に変わりはないですが、 ホルモンが含まれているピル自体を飲み忘れてしまったら 効果が薄れてしまうので、飲み忘れることがないよう気をつけてください。



低用量ピル商品はこちら!

2020.11.18

【お薬情報】第4のED治療薬!ステンドラについて〜

【お薬情報】AGA内服薬と外用薬どちらがいいのか?

【お薬情報】アフターピルには種類がある!その違いとは?